革製品(靴・バッグ・小物)の事なら「備前表町皮革美藝」に御相談下さい。 革製品販売・オーダーメイド・修理まで対応。是非一度お店を覗いてみて下さい。

パンプスのハーフソール(滑り止め)貼り作業

どんな方法で、貴方の大切な靴が修理されるか知ってますか?

修理前

 

きれいな新品の靴底です。 わずかに丸みを持ったシルエットが重要です。

接着面を削り接着剤塗り

接着予定面を薄く削り整地し接着剤を2度塗りします。 この時に丸みを崩さない様に削ります。

ハーフソール接着

 

ハーフソールを確実に接着します。この時に既に浮いている箇所があれば、直ぐに剥がれます。

ハーフソール削り

 

ハーフソールの余分な部分を切り取ります。機械で削る場合も有りますが、婦人用靴の靴底は薄いので手作業で慎重に切り取った後に、機械で仕上げます。

修理完了

オリジナルの丸みを崩さずに薄いハーフソールを貼ったので、パンプスのシルエットはそのままです。

革靴修理

お気軽にお問い合わせください。 TEL 086-212-1210 営業時間 10:00-19:00  定休日:原則毎週火曜日

革靴修理

  • メールでお問い合わせはこちら

靴修理

バッグ修理

革ジャン・革コート 色直し

  • facebook
Copyright © 備前表町皮革美藝 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.