ブログ

  • バッグの修理方法


    紳士用書類入れのハンドル作成・交換方法の解説です。

    修理前
    鞄修理:紳士用書類入れのハンドル見事に芯が割れて革が裂けています。出来るだけ近い硬さ・サイズに再現しようと努力しますが、同じ様に直すと必ず壊れますので少し強度を高めて直しますので、大体硬めになってしまいます。

     ↓

    取り外し
    本体・金具に傷が付かない様に慎重にハンドルのみを取り外し。この時、ハンドルも破壊しない様にします。

     ↓

    分解
    綺麗に縫い目をほどいて、分解し採寸します。また、クッション等は使えそうであれば、再度使用します。

     ↓

    材料用意
    作り直す為の材料を選び、最適なサイズに加工します。

     ↓

    組み立て・コバ処理
    ミシン等を使ってハンドル組み立て。コバは黒い樹脂で固めてあったので、同じ処理をします。

     ↓

    本体へ取り付け
    本体へ取り付けて持ち手の使用感を確認