ブログ

  • セメンテッド製法の靴:パンク(革裂け)修理


    どんな方法で、貴方の大切な靴が修理されるか知ってますか?

    修理前

    見えにくいかも知れませんが、親指の付け根部分が横に裂けてます。良く調べてみると10cm位の大きな裂け目で、ほとんど靴底が外れている状況でした。お客様は、雨の日に履いていて水が入ってきて気づいたそうです。

    革を貼り→縫い

    革の亀裂部分に新しい革を差し込みながら接着します。 接着のみではすぐに裂けてしまうので、ミシンで縫って固定します。

    マッケイミシンで縫い→ハーフソール貼り

    補強したアッパー(靴の部分b)と靴底を接着し、マッケイ縫いを追加して強度を確保します。その後、ハーフソールを靴底に貼り、マッケイ縫いの糸が擦り切れない様に保護して完成です。