ブログ

  • 靴修理例


    靴修理のBefore & After

    登山靴修理で多いのが、特殊すべり口修理です。
    写真を見て頂けると「あ~、あの修理か!」と解っていただけると思います。

    修理前 修理後
    登山靴のかかと破れ 登山靴のかかと破れ修理

    ジョンロブ(Jhon Lobb)の紳士靴のかかと修理
    オリジナルと同じ様に革コンビのかかと材を使用し、飾り釘で装飾しています。

    ジョンロブのカカト修理1ジョンロブのカカト修理2

    バリー(BALLY)の紳士靴の底外れ修理
    マッケイ縫い追加で、ガッチリ固定します。(再接着だけでは弱いので)

    バリー(靴)の修理

    靴修理の例ではありませんが・・・
    革底オールソール交換時にオプションで指定してもらえる「クローズド・チャネル」の作業風景です。

    クローズド・チャネルの作業風景

    ほつれ縫い(その1)
    良くあるトラブルですが、かかとの部分の糸切れです。
    今回の靴は、革が傷んでいないのですが薄い革なので、無理をして縫っても新しいトラブルになる可能性が高かったので、ちょっと目立ちますが余裕を持って縫いました。

    修理前 縫い直し後
    靴修理:ブーツのかかと ほつれ 靴修理:ブーツのかかと ほつれ縫い

    つま先メタル
    最近はあまり見かけないのですが、高級靴の靴底先を保護するには必要です。但し、メタルを付けた状態で何かを蹴り上げると、蹴られた方が傷つくので歩き方に注意が必要です。ちなみに、当店ではカカトに付けるメタルは取り扱っていません。

    修理前の靴底 不要な部分の切り出し メタル取り付け
    靴修理:つま先メタル

    コーナーハーフとは何ですか?と御質問を頂きましたので、ここで回答させて頂きます。コーナーハーフは、磨り減ったカカトを部分的に肉盛りし、履ける様にする修理です。ここでは、クレープ材のコーナーハーフ写真を載せますが、勿論普通のゴム、スポンジでも対応可能です。

    クレープ底のコーナーハーフ修理

    修理前の写真を撮り忘れました。
    クレープ底のオールソールです。

    靴修理 クレープ底のオールソール

    ライダーブーツの修理例です。
    グッドイヤー縫いの糸が切れて、靴底がパカパカと開いていて、左足甲の部分はシフトペダルに当たるので穴があいています。
    そこで、Vibram700でオールソール交換し、甲の部分は当て革を縫いつけました。
    この当て革は将来も交換できる様にしています。

    靴修理 ライダーブーツ

    よくお客様から「すべり止めだけでもOKですか?」と問い合わせがありますが、勿論OKです。まずは、ラバーのハーフソールです。

    靴修理 ハーフソール すべり止め

    次に、革のハーフソール例です。サイドラインも磨いています。

    靴修理 ベルルッティ 革ハーフソール

    セパレートソールの張り替えが出来ないと御考えの方がいらっしゃいますが、そんな事はありません。一般的な修理です。写真はフェラガモのセパレートソールの交換後です。

    靴修理 フェラガモ セパレート・ソール

    靴修理例ではありませんが、グッドイヤー方式の靴の修理風景です。
    ちょうど、ウエルトを手縫いで交換している最中です。

    靴修理 グッドイヤー すくい縫い

    秋のブーツも大事ですが、この夏に活躍したサンダルのケアもお忘れ無く。
    諦める前にまず、御相談下さい。

    靴修理 サンダル